プロフィール

経歴

岡本三成 経歴

衆議院比例区 北関東ブロック選出
3期目(2017年10月~)

1965年
5月5日生まれ
1988年
英国グラスゴー大学留学
1989年
創価大学卒業
1989年
シティバンク勤務
1998年
米国ケロッグ経営大学院修了
経営学修士号(MBA)取得
1998年
ゴールドマン・サックス証券勤務
2005年
同社 執行役員
2012年
衆議院議員に初当選
2017年
外務大臣政務官(~2018年10月)
2017年
衆議院議員3期目に当選

 

現在
所属委員会:内閣委員会(理事)
予算委員会
科学技術特別委員会(理事)
憲法審査会
公明党:国際局長
宣伝局長
最終学歴
米国・ケロッグ経営大学院MBA(経営学修士)
出身
佐賀県鳥栖市
家族
妻と二女

岡本三成の三要素

Ⅰ.鋭敏な国際感覚

幼少期の夢は、「世界をまたにかける男になる」― 佐賀県に生まれ育った岡本は、大学時代に英国へ留学。卒業後、シティバンクに就職したのち、米国の大学院へ進学。MBA(経営学修士号)を取得後に、ゴールドマン・サックス証券に就職しました。
金融マンとして、ニューヨークやロンドンなど海外の諸都市に勤務し、公的セクターの財務アドバイザーなどとして活躍、のちに執行役員としての重責も担いました。
国際金融の最前線で培った鋭敏な知識・経験・ネットワークは、国会議員になった今、これまで以上に役立っています。

Ⅱ.堅実、そして公正な価値観

実家は小さな建設会社。岡本の土台となっている堅実な経済感覚は、少年時代から、岡本の根幹に培われてきました。
社会人として、会社で責任ある立場になってからは、「多様性こそが成功のカギ」との信条で、性別や人種の違いにとらわれることなく、有能な人材を積極的に登用。常に業界随一の業績を叩き出しました。
地に足の着いた価値観――それが岡本の魅力です。

Ⅲ.社会貢献への決意

なぜ、日本の国政に取り組むのか――それは、平和の党・公明党の立党精神「大衆とともに」に、心から賛同したからです。
生まれ育った佐賀から、世界へ活躍の場を広げ、国際金融の最前線で活躍していた岡本は、米国同時多発テロ等も経験し、日本の明るい未来と、世界平和の構築のため、国会議員になる事を決意しました。
201212月の衆議院議員選挙に公明党(比例区北関東ブロック)候補として立候補し、初当選し、現在3期目です。