ニュース

おはようございます!岡本三成です。

8月27日及び28日、アフリカのケニアにおいて第6回アフリカ開発会議(TICAD6)が開催され、公明党を代表して参加致しました。TICADは1993年以降、「日本が、どのようにアフリカの発展に寄与していくか」を議題に、日本政府が主導し、国連・アフリカ連合委員会・世界銀行と共同で開催。過去5回は日本で行われましたが、ついに今回はアフリカで初の開催となりました。

会議にはアフリカ53カ国の首脳と共に、安倍総理を始め経団連会長や約70社の日本企業トップも参加。ナイロビ宣言を採択し、安倍総理は今後3年間で官民総額3兆円規模の投資を表明しました。

私自身は「経済と女性」という会議で、「女性が活躍できる社会を構築することがアフリカの未来を創る」との基調講演を行い、その後司会進行を務めました。米国で働いていた時に、スピーチのポイントは「Make it short and funny!(短く、そしておもしろく)」と叩き込まれた為、今回も所々にジョークを盛り込み、笑顔に満ちた前向きな議論をリードすることができました。

さらに、会議のコーヒー・ブレイクを活用して、アフリカ初の女性大統領で、ノーベル平和賞受賞者でもあるリベリア共和国のサーリーフ大統領や、国連開発計画のクラーク総裁など、多くの要人と会談。皆さん口を揃えて、「人間の安全保障」を推進してきた公明党の哲学と役割を大きく評価して下さっていました。

今回のアフリカ訪問では、日本の経済協力サイトも視察。国際協力機構(JICA)が主導してきた活動が、アフリカの皆さんの生活向上に大きく貢献している現場を目の当たりにし、質の高い日本の経済支援が必要不可欠である事を再認識しました。

また嬉しい事に、母校の後輩たちがアフリカ全土で大活躍する姿に触れる機会がありました。大学教授・国連職員・日本食レストラン店長・留学生など多種多彩。彼らは異口同音に、「21世紀はアフリカの世紀ですから!」と意気込みを語っていました。他にもアフリカの地で活躍する海外青年協力隊員や、日本人の国連職員の皆さんとも懇談する機会を持ち、多くの日本の青年が世界各地で活躍し、平和の架け橋になっている姿に大変感動しました。

彼らと共に、21世紀をアフリカの世紀へとしていく為に、公明党の一員として今後もアフリカ支援に全力で取り組んで参ります。

20160612