ニュース

11月5日、世界的なユダヤ系人権擁護団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」(SWC)のアブラハム・クーパー副所長と懇談しました。

クーパー副所長からは、(1) 対話の一歩は、まず会う事。会わなければ何も始まらない。仮に実のある話が出来なくても、とにかく会う事が重要。(2) 世界中が同じ価値観を持つ必要な無い。大切な事は、自分と違う相手の事を認めてあげること。(3) 政治は、NGOとの連携を深める事により、政策の実現を加速する事ができる。など、貴重なアドバイスを頂戴しました。

77d01b4cc7555249a550ed4f29104b08-379x580

1

Facebookではツーショット写真を公開しています。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=535414536536090&set=a.439895559421322.1073741833.425216924222519&type=1&theater